ネイティブスピード

ネイティブスピードの実践方法の基本は聞きこむこと

 

ネイティブスピードは英語を母国語とする人たちの会話がそのまま教材として使用されていますので、習得すればすぐにでも英語圏の人たちとの会話を楽しめるようになります。

 

実践方法は教材のCDを聞きこむことが基本です。短い時間でも毎日聞くことで英語のリズムや会話の流れ、単語を連続して発音しているということが頭ではなく自然とわかるようになります。

 

まず聞いて、次にテキストで確認をすると理解しやすいです。英語のリスニングの試験では一字一句単語を聞き漏らすまいとする傾向があります。

 

しかし、ネイティブスピードではテスト用ではなく日常の会話で学習を進めますので、複数の単語を短縮・連続した発音が数多く登場するのです。

 

レッスンを進めながらこの点が理解できるようにすれぱ、日本語でも英語でも会話ができることが当たり前のようになります。気がつけばバイリンガルになっているでしょう。

ネイティブスピードと学校英語は学び方が違う

 

ネイティブスピードで着実に効果を得るには、学校の英語の授業とは学び方が違うという点を認識することです。

 

学校では教科書の音読をしたり単語やイディオムの暗記をしたりしますが、英会話においてはこのような学習は二の次で、英語の辞書を手元において単語の意味を確認しながら学習することはしません。

 

ネイティブスピードでの英会話の学び方の特徴は、ネイティブの生の会話を聞くということなのです。

 

教材のCDはたったの2枚で、ネイティブの会話を聞き取るためセクション、ストーリーある会話を聞き取るセクションと続きます。

 

テキストで会話の意味を確認して再び音声を聞き、ストーリーの内容を確認します。最後には約20分の長い会話の聞き取りをします。

 

単語のひとつひとつが明確に発音されていないことに驚くかもしれませんが、聞き慣れれば自然と意味が感じとれるようになります。

 

コツを掴んでネイティブスピードを攻略する

 

ネイティブスピードで確実に英語力を習得するためにはコツがあります。それは、日本語の単語を明確に発音する、ということとは離れるということです。

 

英会話では単語を短縮したり連続して発音したりするリエゾンがたくさんあります。

 

教材のCDはネイティブの会話がそのまま録音されていますので、最初は明確に単語を聞き取れないことに困惑するかもしれません。

 

本場の英会話はとても早口です。ネイティブスピードの教材に収録されている22の音声ファイル全ては一般的な会話のスピードになっています。

 

つまり、速さとリエゾンに慣れることが攻略のコツと言えるでしょう。

 

トラック3までは短い文章ばかりですので、テキストを確認しながらリズムを覚えると良いでしょう。

 

そして、トラック4以降はリピート練習や長文の音声もありますが、速さとリエゾンに慣れれば問題なくクリアできます。